スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今の気持ち。。。 

 離婚して3年も過ぎました。離婚前からずっと深夜働いてきましたが、今回初めて長い休みをもらうことができました。

 休んだらそれだけお金は減ります。ちょっと前までの私はそれがすごくコワかった。っていうか今ももちろんコワいけど。。。

 でも、朝から夕方まで拘束されるようになって、子供と過ごす時間がかなり減ってきて、やっぱりお金よりも今はタロ・ジロのために自分の時間を使わなきゃな~って思えるようになりました。

 深夜働いてるときは、いつかは昼間正社員で働きたい!って気持ちは持ってたものの、もしかしたらこうやってバイトを掛け持ちしながら一生働いていくのかもね~。。。って思ってたのも事実です。

 寂しくて、苦しくて、せめて心を開ける人・気持ちを聞いてくれる人、つまり『彼』が欲しかった。

 でも、子供たちや私の生活には立ち入ってほしくはなかった。時々会って、話を聞いてくれて、ご飯を食べて……なんて都合のいい『彼』を求めてました。

 でも、そんな人はいる訳ないし、実際いてもそれはその人のことを好きなんじゃなくて、ただ自分の気持ちを紛らわせるために利用してるだけだな~ってうっすらわかってた。

 相手にも気持ちや都合があるのにそれを受け入れる気は私にはなかった。

 
 お昼の仕事につくことが出来て、更新もしてもらえて、まだまだ仕事は駆け出しだけど、それでも認めてもらえるようになった今、やっぱり私には今やらなきゃいけないことがあるんだな~って感じてきました。

 結婚したら責任があるけど、離婚しても責任はある。私の場合はもちろんタロ・ジロです。

 昨日もたくさんのお父さんたちが我が子のために休日をつぶしてポケモンに来ていました。実際、喜んできてるお父さん・お母さんたちっていないと思うんです。子供のために、子供が喜ぶ姿を見るためにわざわざ渋滞の中・行列の中あそこへ来てる人ばっかり。。。

 でも、誰かが喜ぶために自分を犠牲にする時期が誰にでもあると思うんです。それを受け入れることが出来るか、出来ないか。。。

 タロ・ジロにはお父さんがいない。私たちの勝手な都合で離婚したからです。もちろん本人同士の中では耐え難い理由のための離婚ですが、子供にとっては全く関係ない大人の都合です。

 ここで、私が自分の寂しさのために自分優先の行動をとったらタロ・ジロはどうなるんだろう。。。そんなこと容易く解るけど、実際我慢するとか、自分の時間を犠牲にするという行動するのにはこんなに時間がかかりました。

 犠牲という言い方にも疑問がありますが、今の私にはこの犠牲がほんとのところ受け入れることができなかった。何度もタロ・ジロの存在を苦しく思うことがありました。実際この子たちがいなかったら、私なんてまた、気持ちに流されてろくでもない行動を起すのに決まってるのに。。。手かせ・足かせだと思うものが実際は自分を生かしてくれてるのに。。。

 少なくとも、私はこの年までやりたいこともやってきました。いいことも悪いことも、楽しいことや苦しいことも。。。それも私の親が自分の時間やお金を犠牲にして私に費やしてくれたから、経験することが出来たことです。

 今度はタロ・ジロが経験する順番なんですよね。私は今度は見守る順番が回ってきたんですね。

 そんな簡単なことがわかるまで、随分いろんな思いもしたし、時間もかかりました。人間もほんっとまるくなりましたよ。(って自分では思います)

 お金は大切だし、失くすのはコワい。でもそのお金は何のために使うんだろう?タロ・ジロを笑顔にするために。いろんな経験をさせてあげるために。そう思うと、お金も大事だけど、一緒に過ごす時間も大切なんだって思います。


 う~ん、イマイチまとまりのない文章。でも、こうして書くことで、自分の気持ちの整理にもなるし、また気付きも多いです。お付き合いしてくれてほんとに感謝です。
 
スポンサーサイト
[ 2007/08/12 22:53 ] myself | TB(0) | CM(5)

”実際この子たちがいなかったら、私なんてまた、気持ちに流されてろくでもない行動を起すのに決まってるのに。。。手かせ・足かせだと思うものが実際は自分を生かしてくれてるのに。。。”って、私も全く同感です!
私も思っていましたもん。
子供が居なけりゃ時間を気にしないで働けるのに…って。
でも実際子供が居てくれなければ絶対立ち直れなかったと思います。
ほんと、年をとってきて分かることって増えますよね。
そう思うと、歳をとるのも悪くないと思えるかな…って本音はキツイですがね(^_^;)
[ 2007/08/13 00:01 ] [ 編集 ]

お久ぶりです!

私は離婚して5年になります。。。
息子が産まれる2ヶ月前に離婚しているので息子は父親の存在すら知りません。。。
でもその方が良かったと今年調停を経験して思いました・・・
確かに息子がいなかったら私も自分の好き勝手な事をして過ごして何も考えずに行動して失敗を繰り返して・・・
息子が居るから今の自分がいる。。。
息子には本当に感謝しています・・・
生活は大変だけど息子と一緒に息子が自分の家庭を持つまで楽しくやって行けたらと思います。。。
自分の再婚や道楽は老後の楽しみに・・・という事で。。。
また老後に弾けようと今から目論んでおります・・・苦笑
途中で本当に再婚出来るような人が現れたら話しは別ですが・・・笑
でも精神的に辛い時やはり傍にそういう存在の人がいてくれたら・・・なんて思う事は多々ありますよね・・・汗
[ 2007/08/13 17:10 ] [ 編集 ]

さとみんみんさん:
 コメントありがとうございますv-238
 情けない母親で、離婚という現状も今の自分たち家族の状況もいまだに全部受け入れることのできない私です。チビたちは文句も言わずこの状況で精一杯やってくれてるのに、結婚生活に失敗してしまったという悔しさ、幸せになり損ねてしまったというあせり、自分の勝手気ままな思いが家族を苦しめていることを認めることのできない心の狭さを、やっと見つめることができた近頃です。
 
 間違いなくチビたちは私と最も縁の深い関係。その関係を大切にしていこうという気持ちが定まってきただけでも成長できたのかな。。。


seikaさん:
 コメントありがとうございます。v-354
 ほんとにシングルママってつらいことが多いですね。現実の生活でも気持ちの上でも。。。

 でも、自分が真正面から受け止めてやらないと子供はもっと救われませんよね。何を後悔しても始まらない。毎日を少しでも笑顔の多いものにしていけるようにお互いがんばりましょうね。

 私もやっと素直にそう思えることができました。もちろんまだまだ迷いの多い自分ですが、あと10年は子供を最優先に生活していこうって思います。子供との時間は今だけのもの。。。今を大切にしていけば、それが未来につながる気がします。
 
[ 2007/08/13 22:21 ] [ 編集 ]

この時期、年に一回息子と虫キングやったり、娘と一杯話したりして、傍から見ると普通の親子に見えると思います。しかし、数時間後には遠く離れた世界に戻ってしまうのです。別れ際に、段々と口数が少なくなって、しまいには泣いてしまう・・・。そんな瞬間を毎年重ねています。いつか、子供たちには逞しくなって欲しいと思います。
[ 2007/08/14 00:02 ] [ 編集 ]

子は鎹

鎹なんです。
どんな役割を果たしてくれるかは想像もつきませんが、そわかさんと何かを必ず紡いでくれる存在です。

僕は 「離婚したい。離婚したい。」 と言い続けてきた母親の元で育ってきました。幼い頃に吸えない煙草を口に運んでは、物心の着いていない私に泣きながら抱きついてきた母親の姿を今でも忘れません。
今日では、「あなた達の為に離婚は出来なかった。」と言葉にしてくれる母親に感謝をして止みません。

物心が着いた時にお子さん達は必ず心の傷に気付くでしょう。その時には、格好をつけずに素直な気持ちで接して下さい。

ご自身が、ご両親から与えられた環境をお一人でも与えるという覚悟で離婚をされたはずです。それを果たす努力が必ず何かを誘うはずです。

子は “鎹” ですから。



[ 2007/08/14 03:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atmysowaka.blog88.fc2.com/tb.php/107-5902e89f









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。