スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太郎の勉強 

 ここ最近、ずっとつきっきりで見てます。宿題は毎日出ています。量はそんなに多くないと思いますが、なにしろ太郎のとっかかりが遅いのと、1日の疲れが出て非常に時間をかけてダラダラやってます

 算数は繰り上がり・繰り下がりの2ケタの足し算・引き算。国語は漢字と文章問題。

 できるのですが、とっても遅い。

 なので、本人も自信を失くしつつあるようで。。。

 算数はそれこそ百マス計算を毎日やっていれば訓練みたいなもので早くなるのがわかってるのに、それをさせるのに一苦労です。

 泣きながらやってるので、落ち着いてやれる訳ないですよね。一応全部正解なんだけど、標準時間の3倍はかかります。
 できるといつも褒めて、『毎日やり続ければ少しづつ早くなっていくんだよ』と言い聞かし、その場では『明日からも頑張る』と言うのですが、学校から帰るともう『やりたくない』の繰り返し。
 ほっとくとやらずにいて平気だし、私も夕方から夜にかけては毎日戦争のような感じなので、いい加減うんざりして、「勝手にしなさい!」って怒ってしまって。。。悪循環です。

 次郎が横でのんびりしてるのも、関係あるようなんですがね。


ブログランキングに参加中。あなたの応援が私の励みになります。感謝です。

スポンサーサイト
[ 2007/05/25 16:05 ] 子供 | TB(0) | CM(3)

自分の小学生時代を思い出しちゃいました。苦手意識がついちゃった気がします。疲れているのに勉強を見るのって大変ですよね。数年後を思ってしまいました。私なんて、たいして疲れてないのに息子の本読め攻撃に参りそうなんですが、まだまだ修行が足りませんね(汗
[ 2007/05/25 23:07 ] [ 編集 ]

これ大変ですよね~。うちもかなり似た状況ですよ。
学校の宿題は結構好んでやるんですけど、そろばんが泣きながらです。
実は、ピアノも最初は泣きながらだったんですけど、外国人ばりに大げさに褒めちぎる効果で、最近はすすんで練習して聴かせてくれるようになりました。
うちも、やっぱり弟が暇そうなんで、お姉ちゃんだけが忙しい感じなんですけど、お姉ちゃんには「さすがお姉ちゃんがんばるね!」って言って、弟には「お姉ちゃんって、すごいよね。何でもできるよね」って言うんです(わざとお姉ちゃんの前で)。そうすると、お姉ちゃん的には、ちょいとライバル視している弟に勝った気がするのか、お手本になりたいのか、がんばる事がありますよ。
こんな感じで次郎くん経由で刺激するのも、効果あるかもしれませんよ~。


[ 2007/05/25 23:45 ] [ 編集 ]

kateさん:
 本読んで攻撃、うちもありましたよ~。男の子の本ってつまらないんですよね~。車の名前とか、電車の名前をただ読んでるだけとかね。物語っぽくないので辟易したのを、覚えてま~す。自分で読めるようになるとだいぶ楽になりますよ。



だじゃれパパさん:
 ね~、うちだけじゃないんだ。。。ってちょっと安心。って安心するとこが違うんだけど。
 
 今のところ毎日DSの百マス計算をさせてます。やっと3日め。それでも、昨日より30秒近く時間を短縮することができて、『ほらね、毎日やってるからちゃんと早くなってきてるよ!』って自信をつけさせるようにしてますけどね。まだまだこれからですね。

 次郎は次郎で鉛筆を持つことも放棄してる感じで、こっちはこっちで頭が痛いです。やっぱりお兄ちゃんの方が気になって、注意しちゃうんですよね。なんだかんだ言っても次郎は1,2,3までならちゃんと足し算も引き算もできてるし。。。太郎のを聞いて覚えちゃうんですよね~。下って得ですよね。
[ 2007/05/27 13:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atmysowaka.blog88.fc2.com/tb.php/74-e63f73a7









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。